サンエイメディカル

>>TOPにもどる
三栄商会
サンエイメディカルの介護に基づいた基本理念 サンエイメディカルの介護保険、福祉用具、介護用品を主とした営業内容 サンエイメディカルの介護保険について サンエイメディカルの介護、福祉用、車いす、車椅子、ベッド等用具の貸与 サンエイメディカルのアフターモニタリング サンエイメディカルに関して等のお問合せ サンエイメディカルへの交通アクセス サンエイメディカル近辺の関連施設
暮らしのお手伝い
 
介護保険利用手続き
利用者(被保険者)
申請は、本人や家族のほか、近くの居宅介護支援事業者(ケアプラン作成事業者)や介護保健施設にも頼めます。
申請
利用者(被保険者)
認定の効果は申請の時までさかのぼれるので、申請をすればサービスを使い始めることができます。
医師の意見書
訪問調査は、市町村の職員や、市町村からの委託を受けた居宅介護支援事業者等の介護支援専門員が家庭等を訪問し、心身の状態などについて聞き取り、調査票に記入します。
市町村から主治医に意見書の提出を依頼します。
コンピュータによる判定
心身の状態などの調査の結果をコンピュータに入力し、介護に必要な時間を推計します。
訪問調査の際に調査項目に関連して書き取ってきた事項
認定
原則として、申請から30日以内に認定結果が通知されます。
非該当
要支援 1
要支援 2
要介護 1
から
要介護 5
要支援・要介護の恐れのある方
介護予防ケアプラン
介護サービス

利用計画
(ケアプラン)
市町村の実情に応じたサービス
(介護保険外の事業)
介護予防事業
(地域支援事業)
介護予防サービス
地域密着型介護予防サービス
施設サービス
在宅サービス
地域密着型サービス
要介護認定の区分と利用できるサービスの目安
区分
状態(事例)
要支援
1
身の回りの世話の一部に何らかの介助が必要
複雑な動作に何らかの支えが必要
排せつや食事はほとんど自分ひとりでできる
2
身の回りの世話に何らかの介助が必要
複雑な動作や移動の動作に何らかの支えが必要
問題行動や理解の低下がみられることがある
要介護
1
2
身の回りの世話の全般に何らかの介助が必要
複雑な動作や移動の動作に何らかの支えが必要
排せつや食事に何らかの介助が必要
問題行動や理解の低下がみられることがある
3
身の回りの世話が自分ひとりでできない
複雑な動作や移動の動作が自分ひとりでできない
排せつが自分ひとりでできない
いくつかの問題行動や理解の低下が見られる
4
身の回りの世話がほとんどできない
複雑な動作や移動の動作がほとんどできない
排せつがほとんどできない
多くの問題行動や全般的な理解の低下がみられる
5
身の回りの世話がほとんどできない
複雑な動作や移動の動作がほとんどできない
食事や排せつがほとんどできない
多くの問題行動や全般的な理解の低下がみられる
原則として、申請から30日以内に認定結果が通知されます。
ページトップに戻る
新予防給付
介護認定審査会における審査・判定プロセス
介護認定審査会:介護の手間の係り具合の審査+状態の維持、又は改善可能性の審査
従来の認定調査項目(79項目)に加え、高齢者の生活機能を評価する調査項目を追加
主治医意見書においても、高齢者の生活機能の評価を拡充
「要支援」の方及び「要介護1」のうち状態の維持・改善可能性の高い方を対象者として選定
(新)要支援者
(新)要支援者
(新)要支援者 (新)要介護者
新予防給付 介護給付
保険給付と要介護状態区分のイメージ
新保険給付と要介護状態区分の表
新予防給付は平成18年4月から実施されました。地域包括支援センターの体制が整わない市町村においては、最大2年間の施行延期が可能です。
平成18年4月以前に要介護認定を受けている方は、要介護認定の有効期間中は従来の給付を受けられます。
平成18年4月以前に介護保健施設に入所していた方は、新予防給付の対象となった場合でも、平成20年度末までは引き続き入所することができます。
ページトップに戻る